映画上映+コンサート「南インド古典音楽 神戸公演」=躍動する!太古の神秘・響き・リズム=

「南インド古典音楽 神戸公演」
=躍動する!太古の神秘・響き・リズム=

映画「響け!情熱のムリダンガム」上映+
南インド古典音楽コンサート
2024年9月8日(日) 神戸朝日ホールにて!
全席指定!
6月24日 (月)  12:00  前売り券発売開始!
神戸朝日ホールチケット販売購入サイト
https://www.kobe-asahihall.jp/events/eid-1003/
チケット購入の手順→https://www.kobe-asahihall.jp/ticket/
メール申込も受付可能
tamil.ccsalon@gmail.com (モガリ)
*お名前と人数をお知らせください。
*メール申込後、事前にご入金いただくため振込先をお送りします。
*中学生以下無料券の申込はメールのみで受付ます。
*このページ下の予約フォームでも承ります。

マールガリ・ジャパン2024公式サイトより
プロモーション動画をご覧ください。
(最後の告知は6/1チケット発売の武蔵野ホールと北九州公演の案内です。
武蔵野ホールはチケット発売開始4時間余りで完売しました!!)


マールガリ・ジャパン2024は、
人気続行中のタミル映画「響け!情熱のムリダンガム」に出演しているミュージシャン達が来日!
タミル文化交流サロンは、神戸公演を主催します!
映画で主人公ピーターのライバル役のスレーシュさんは、プロのムリダンガム奏者。ピーターの師匠とのコンサートシーンに登場する声楽家役のグルチャランさん。同じくコンサートシーンで登場するバイオリン奏者とカンジーラ奏者。
さっき観た映画で演じたり演奏していた彼らが目の前に表れて、リアル演奏を披露します。
映画見たことがある人も、今回はピーター(主人公)以外にも注目!映画の面白さが広がります。
まだ映画見ていない方は、このまたとない機会にぜひご覧ください!
👉「響け!情熱のムリダンガム」予告編
テンドラル合同会社WEBサイト より


日時/ 2024年9月8日(日)
   映画上映 13:00〜15:20
コンサート16:30〜19:00
会場/ 神戸朝日ホールhttps://www.kobe-asahihall.jp/access/
   神戸市中央区浪花町59番地
料金/ 前売り券<一般>
   映画÷コンサート ¥6,000 (当日券¥7,000)
   コンサートのみ ¥4,500 (当日券¥5,500)
   <25歳以下>
   映画+コンサート ¥3,000 (当日券¥4,000)
   コンサートのみ ¥2,000 (当日券¥3,000)
*中学生以下は無料(無料券の申込はメールのみで受付)
*前売り券の締め切り
メール申込は、9月1日 (日)まで
出演者
=コンサート=
シッキル・グルチャラン(ヴォーカル)
・ヴェーダラーマン役(カルナータカ音楽の声楽家)を演じた。

1982年音楽家の家系に生まれ、幼少の頃からカルナータカ音楽のボーカルを習う。祖母はカルナータカ音楽の殿堂ミュージック・アカデミーの栄誉ある称号「サンギータ・カラーニディ」を持つ竹笛デュオ「シッキル・シスターズ」のクンジュマニ。叔母は同じく竹笛奏者のマーラー・チャンドラシェーカル。1994年に初舞台を踏んで以来、インドのみならず海外でも多くの公演を行う。特にタミル語の曲を得意とし、クリアな発音・発声で伝統に忠実なコンサートを展開する。またピアニストのアニル・シュリニヴァーサンとは長年に亘りコラボを続けCD作品も発表。タミル語映画「響け!情熱のムリダンガム」(原題:Sarvam Thaala Mayam)では、カルナータカ音楽の声楽家ヴェーダラーマン役を演じるなど幅広く活躍している。伝説のジャズトランペッター、マイルス・デイヴィスへのトリビュートアルバム「Milese from India」にも参加。

スメーシュ・ナラヤナン(ムリダンガム)
・ナンドゥ役(主人公ピーターのライバルを好演)

1992年ケーララ州で生まれる。パーカッショニストを多く輩出する家系という音楽的に恵まれた環境で育ち、幼少の頃にムリダンガムを始める。サンギータ・カラーニディ受賞者ティルヴァルール・バクタヴァッサラーム(1992年・2007年来日)に20年に亘り習い続け、現在も薫陶を受けている。映画「響け!情熱のムリダンガム」では主人公ピーターのライバルであるナンドゥ役を好演。2005年にデビュー公演を行って以降は多くのベテランアーティストやシッキル・グルチャランや映画のエンディングにも出てくる女性声楽家ボンベイ・ジャヤシュリーなどと演奏している。2024年9月には東京でパーカッション・アルバムを録音予定!
V.サンジーヴ(ヴァイオリン)
・コンサートシーンで登場
1978年生まれ。サンギータ・カラーニディ受賞者であるバイオリン奏者A.カニャークマリから薫陶を受け1994年に初舞台を踏む。ラーガの本質を的確につかむセンスをベースにした実直な伴奏スタイルを確立し、インド国内だけでなく海外でも公演を行う。また、西洋古典音楽の交響楽的な要素をカルナータカ音楽と融合させるアプローチで作曲も行い、多くの映像作品に曲を提供。映像製作者としても活躍し、2023年には音楽・脚本も手がけるプロデューサーとして実験的な短編映画「Lost in Harmony」を製作。セリフを用いず、音楽と映像のみの非言語表現でストーリーを伝えるこの作品は「ムンバイ短編国際映画祭」、「クラウンウッド国際映画祭」(コルカタ)、「Global Music Awards 」(アメリカ)、「ソチ映画祭」にて受賞。同作品は2024年9月東京で開催のファンミーティングにて上映予定!
B.S.プルショッタム(カンジーラ)
・コンサートシーンで登場
1974年生まれ。バンガロールの名ムリダンガム奏者ヴィーラバドライヤとプラヴィーン親子にムリダンガムを習う。のちにサンギータ・カラーニディ受賞者T.K.ムールティに師事し、カルナータカ音楽のリズムと伴奏センスを培う。カンジーラという片面のタンバリンでありながらも独自の豊かなトーンと繊細なニュアンスによる演奏で、常にコンサートのクオリティを引き上げる存在感を持つ。4人のカンジーラ奏者によるカルテット「Laya Chathura」の発案者でもある。
=オープニングアクト=
モガリ真奈美&マルガユニティーダンサー(バラタナティヤム)
https://manami-f.com/
1990年、南インド古典舞踊/バラタナーティヤムを始める。南インド・チェンナイにて K.P.ヤショーダに師事。1998年、南インド古典舞踊グループ・マルガユニティーを開設。2001年~兵庫県立西宮香風高等学校「異文化体験・インド古典舞踊(選択科目)」特別非常勤講師を勤める。 2001年2015年、K.P.ヤショーダ招聘公演(大阪・神戸)開催。日印文化交流イベントの企画、演出、出演のほか、自主公演会開催、イベント出演など南インド古典舞踊/バラタナーティヤムの神々への感謝、祈り、神話の ”太古からのメッセージ” を伝える舞踊活動を精力的に行う。

レッスンクラス(三宮、新大阪)は、基礎練習を重ねステージ出演を目的とした後進の育成に尽力する。また、タミル文化(南インド文化)の活力や魅力を紹介するタミル文化交流サロンでは、2023年「南インドの古典音楽家一流アーティスト来日関西公演」伊丹アイフォニックホールにてマールガリジャパン関西公演の主催。2024年「バラタナティヤム・フェスティバル」大阪市立こども文化センターを主催。他、様々なタミル文化情報を提供している。

 

タミル映画「響け!情熱のムリダンガム」上映
https://thendral.co.jp/mridangam-movie

神に奉納するカルナータカ音楽(南インド古典音楽)の太鼓ムリダンガムの演奏者になりたいと願った太鼓職人の息子ピーター。タブーに情熱と敬意で立ち向かった先にあるものは?カーストや古典音楽の承継に伴う礼儀などの困難を情熱で乗り越えていく、青春音楽映画。(2022年日本公開テンドラル配給)

 

主催/ タミル文化交流サロン
共催/ まちかど倶楽部
協力/ テンドラル合同会社、タミル大阪国際映画祭
後援/在大阪・神戸インド総領事館、NPO法人 日本インド文化経済センター、兵庫県、神戸市、神戸市教育委員会、(公財)神戸市民文化振興財団、神戸芸術文化会議、さんテレビジョン、ラジオ関西

SNSでも随時情報を発信中!!!
ご確認をよろしくお願いいたします。
周りの方達にもお伝え(シェア、リポストなど)いただけると嬉しいです。
X:https://x.com/tamilccsalon

 
イベントタミル文化交流サロントピックスピックアップマルガユニティーカテゴリーの記事

映画上映+コンサート「南インド古典音楽 神戸公演」=躍動する!太古の神秘・響き・リズム=:予約・お申し込みフォーム

    参加人数:

    承諾:

    この催しに申し込む