インド絵巻物師 東野健一さんの話

2012.03.26
 昨日、CLUB Q2 とういうところで
高濱浩子による「はなしの旅」2 ゲスト=インド絵巻物師/東野健一 があった。
東野さんとお会いするのは6、7年ぶりかな?
久しぶりにお話聞きたくて出かけた。

 ポートライナーに乗り二つ目の駅、なのに・・・
窓から見える港の景色を見ていると その二つ目の駅がなかなかやって来ない。
その時、快速があることにやっと気付き「神戸空港行き」になっている。
ポートライナーには普通と快速があることを初めて知る。

 会場はガラス張りで海が間近に見える。
夕日に赤く照らされてきて暖かい、会場の雰囲気も温かい。
東野さんに「久しぶり〜!!」と声かけてもらいハグ。
「どうしてんの?」・・・なんやかんや・・・
と何か話したけど大きい声が近くで響いてた。

 高濱浩子という画家が自分の好きな人をゲストに呼び
トークしながら「はなしの旅」を展開していく。
東野さんのことをちゃんと知るのは初めてだった。

IMG_0672.JPG

40歳で会社を辞め 絵を描いていこうと決める。
ある時インドの絵巻物に魅せられて、突き動かされるがごとく
ベンガルのその村にたどり着き サンタルポトゥアに出会う。
いただいた資料には サンタルは少数民族のこと
その少数民族の人達にお話をする時に見せる絵があり、
その絵を描いたり語ったりする人のことを ポトゥアという。とある。

IMG_0670.jpg

早速、弟子になり いつしか「ジャパン ポトゥア」と認めてもらい23年になるという。
一つの絵巻物を作るのに3年くらいかけて独自のまさに世界に一つしかない「ジャパンポトゥア」を
表現し続けている。
代表作に「あたま山」があり、披露してくれた。
巻物になっている絵を少しずつ見せながら
楽しそうにエネルギッシュに でも優しい東野ワールドに 
どんどん引き込まれていく。

IMG_0673.jpg

 今までに3、4回は観ているけれど 毎回面白い。
今回は、心で バラタナティヤムの表現と共通することを
感覚でとらえていた。

 終わった時の感覚が格別に面白い!!

「さらけ出すことや」と面白そうに言っていたことが印章的だった。
65歳とは思えない。
いや、65歳なんや。